FC2ブログ
TOP > CATEGORY > 夢言葉
TOP

リストマーク 空の青 冬の風 

2016年02月09日 ()

風になりたいと願った日は 灼熱の夏空の下
茜に染まる雲を抱いた秋の夕空も
寒空高く青を切って白を引く飛行機の航跡まで

季節は移ろい 時が過ぎても

心の水底をのぞき込むように
空の奥をじっと見つめて

変わらないものが あるとしたら
変わらぬものがそこにあるなら

掌ににぎりしめ この胸に押しあてよう

誰にも知られないように



2月の空 



微風となって渡ってゆける 樹木の岸を
さよなら
さよなら
と  こっそり泣いて行くだけだ


                              伊藤桂一 「微風」 より








[2016.02.09(Tue) 12:21] 夢言葉Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

ありがとうございます by かなた
こんにちは。嬉しいコメントありがとうございます。
冷たい北風が一転、今日は暖かい南風が吹き
このまま春一番になりそうな強い吹き方に変わってきました。
全国的だそうですね。事故などに繋がらないことを祈っています。
一人旅ができるような身分になったら(笑)、
暖かい南風の吹く明るい岬のある土地へ行ってみたいです。
空の青、海の青に染まるように抱かれてみたい。遥かな夢ですが・・
ありがとうございました。

今日 by かなた
センイル チュッカヘヨ。
おめでとうございます^^
良い日を、そしてお元気で良い1年を。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク ソンムル 

2015年04月26日 ()


人待ち顔の春 2015.4  
Photo by ☆



泣きもせず 呼ぶこともなく

ただ静かに

人待ち顔の 春は過ぎ行く





 

[2015.04.26(Sun) 10:26] 夢言葉Trackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 小さな窓辺 

2014年11月21日 ()
 
わが家のキッチンの、ささやかな窓辺です^^;


窓辺1 


まあ長さだけはベテランの域になる主婦ですから
ここは “ 私の窓辺 ” と言っていいでしょう!
恥ずかしながら掃除も行き届かず^^; 
洒落たインテリアデザインを演出するでもなく、、
それでも、無造作に置いたこんな僅かなグリーンに
目を遣るたびに 少し心が和むのを感じます。
グリーンの癒しのパワー、おそるべし。





[2014.11.21(Fri) 13:41] 夢言葉Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by daru
こんばんは^^

形創るよりも無造作が好きですよ
シンプルがきらりとしますね。
家の中にあるグリーン・・ほっとします。

寒さも増すこの頃です、お体に気を付けて下さいね。

ありがとう^^ by かなた
daruさん、こんにちは!
「無造作が好き」と言って頂けてうれしいです。
シンプルの方がきっとグリーンも映えますよね~^^;

今年も気候が不順ですね。急に季節が進んだり後戻りしたり・・
daruさんもどうぞお体大切に。
コメント、ありがとうございました!^^

コメントを閉じる▲

リストマーク ライフ・ライン 

2012年06月20日 ()
 
思いがけない6月の、凶暴な台風でした。
被害の出た地域の方々に心からお見舞いを申し上げます。

2011年9月1日に書いた文章です。



【 ライフ・ライン ― ふたり ― 】  


ライフ・ラインという言葉にまず思い浮かんだのは
福島にいる息子のことです。 
原発事故を起こしたのとは別の 電力会社の社員です。
震災当日あちらから公衆電話で無事を連絡してくれた後、
余震や原発事故を心配するたびに
「 生きてるよ~ 」「 ぶじだよ~ 」 と短いメールをくれました。
余震の続く中、電気の復旧と 住民のサポートや更なる危機回避のため
休みなく働いていたことだろうと思います。
彼の恋人は、宮城県に住んでいます。
津波被害のひどかった北部地域で、
ほぼ唯一の医療拠点となった病院の、看護師です。
想像を超えた、厳しい救命・医療活動の現場だったろうと思います。
四日後になってようやく、安否の判らなかった家族のもとに
瓦礫と海水に覆われた市街地を歩いて向かい、
無事に会えて、持参した僅かな水と食料を
手渡すことができたと聞きました。
息子と震災当時なかなか繋がらなかったメールが やっと届いた時、
きっと彼女は泣いたと思いますが、
泣きながら 自分も頑張るからそっちもと、
励ましの言葉を送ったようです。
二人の出会いはまだ2歳と赤ちゃんの時。 いとこ同士です。
子供時代から長い時間をかけて想いを育み、
遠距離恋愛を貫いて、
今年いよいよ結婚を と思っていたところでした。

ライフ・ライン。 
ぎりぎりの困難の中、繋がることで生きる支えになる。
ふたりが一緒に暮らせるようになるのが いつになるのかわかりませんが、
たくさんの大切な絆が絶たれた被災地で、
その分までも、どうか繋がっていてほしいと思う、若いふたりです。




ブログ用鉄塔












[2012.06.20(Wed) 12:34] 夢言葉Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ぺんたしな
ライフ・ライン
繋がることで生きる支えになる
繋がるって
簡単なようで難しいですよね。

息子-
おうえんしてます

ありがとうございます^^ by かなた
ぺんたしなさん、 ほんとに、
繋がるって意外と難しいですよね。
若い頃の自分を思うと、長年・遠距離でここまで繋がってるって、
私じゃ絶対ムリだったわーと思うダメ親です^^;

コメント、息子へのご声援、ありがとうございました!


コメントを閉じる▲

リストマーク 大好きな秋の詩片 

2010年10月21日 ()
 
季節は秋が好き。 
 
秋探し・空2


空は水色

秋は喨喨と空に鳴る


高村光太郎 「秋の祈」 より



秋の祈り



秋の心・夕



秋の心・夜


秋はいいな

朝も夜も

私の命がレールのようにのびて行きます


林芙美子 「秋のこころ」 より





[2010.10.21(Thu) 15:15] 夢言葉Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

こんばんは^^ by 春
こんばんは^^

風邪やら体調がイマイチで、
しばらくネットご無沙汰してました(^^)ヽ
すっきりと直らないのが厄介ですね..。

「秋」はいいですね~^^ 好きな季節です。
「春」も好きだけど...^^;

秋の月...
かなたさんの幻想的な月の写真に引き込まれました^^

春さん、ありがとう^^ by かなた
こんにちは。 体調崩されておられたんですね・・
大丈夫ですか? 季節の変わり目の影響もありますね。
どうかご無理のないように・・
大好きな「秋」ですが、今年は短いとか・・
ついこの前まで暑い暑いと言っていたのに、
もう冬支度の心配をしています。
あ、私も「春」も、もちろん好きですよ~^0^
来年の春もビッグないいことありますね~^^
どうぞお体お大事に。 ありがとうございました。

by Nao
こんばんは!
秋の高い空、彼岸花、そして満月、凄く綺麗ですね~♪
林芙美子さんの詩がとても素敵ですね。
秋、北海道の秋、今年はとても短く感じましたが、また来年も沢山楽しみたいなぁ~

Naoさん、ありがとう^^  by かなた
こんにちは!  北海道はもう初冬ですねー^^
上の写真はこちらの9月の頃ですが(彼岸花は今年は10月にずれこみました^^;)
今年はやはり紅葉も遅れています。
今月中にいっぱい「秋」を楽しみたいです!
林芙美子さんのこの詩は、毎年秋になると必ず思い出します^^ こんなふうにいたいな~と。
コメントありがとうございました。 また遊びに伺いますね^^

コメントを閉じる▲

リストマーク オンマの優しい韓国語 

2010年04月02日 ()
  
オンマ



ネガ そのこグナ? サジンガ コッカッタソー、コッアイゲッグナ。 チャイワッダァ。
ピヘンゲーソノ オッテンニ?  ピロアジャンナニ?



私が韓国語の「か」(カナダラの「カ」?^^)の字も知らなかった頃に、
たよりない耳だけで、聴いて覚えた韓国語の台詞です。
日本人の女の子がアメリカにホームステイする物語で、
全編韓国語で語られる外国語学習用のテープの中にありました。
この台詞は、空港に着いた主人公を迎えにきた、
ホストファミリーのお母さんの言葉です。
このお母さんの話す韓国語の
言葉の音色と響きを、私は大好きになりました。
吹き込みをしたのが韓国の俳優(声優)さんなのか、
在日コリアンの方なのかはわかりません。
でもその声はとても優しく温かく、
話し言葉としての韓国語がこんなに心地よい包容力を感じるものとは
このテープを聞くまで思いもよりませんでした。

それまで、ごくまれに耳にする韓国語といえば、
テレビのニュースで流れるかの地のデモとか、
演説とか、北朝鮮国営放送のアナウンスとか、
とにかく激しく、怒っている?と思ってしまうような、
あるいは力強く訴えるような 話し言葉の響きでした。
お隣の国の言葉なのに、
親近感を持てずに知ろうという気にさえなりませんでした。
   
そんな私を、テープの中のオンマ(お母さん)の韓国語は
すっかり変えてくれました。

私はテープのオンマの台詞を、一生懸命聴いて覚えました。
優しい温かい韓国語の話し言葉を
自分でもしゃべってみたかったのです。
台詞の中には、オンマが日本にいる主人公の親に
書き送った「手紙」の朗読もありました。
この部分は書き言葉ですから 丁寧な、
そして解らないままにも美しく感じられる尊敬表現も
たおやかな声に出して語られていて、
難しい箇所でしたが、なんとしてもそらんじたくて
繰り返し聴いてはまねしたものです。

私が韓国語に心ひかれるようになったのは、
このオンマの話す優しさに満ちた言葉が原点でした。

まだ 韓流も、
ワールドカップ共催も 新大久保駅の事故も なかった時の話です。




オンマ2





[2010.04.02(Fri) 20:40] 夢言葉Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

カテゴリ

最近のコメント

最近の記事(No.106~)

月別アーカイブ

カレンダー

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

メールフォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム