FC2ブログ
TOP > ゆうちゃん
 ← オンマの優しい韓国語| TOP| Sky!

リストマーク ゆうちゃん 

2010年02月26日 ()
   
ゆうちゃんとは、中学3年と高校1年の時の 同級生。
幼馴染みというわけでもないけど、家もそう離れていないし
親同士も知り合いのようだった。
ゆうちゃんは関西の大学に進み、そのまま関西で就職して 関西人になった。
私は東北の大学に進んで、ゆうちゃんとの接点は無くなったはずだった。

いつの頃からかわからないけど、、
ゆうちゃんとは ずっと年賀状のやりとりが続いている。
1年にたった1枚だけ、1、2行だけの 葉書の通信。
最初の頃は元写真部の腕前を生かしてか、
風景写真の年賀状だった気がする。
ゆうちゃんが結婚して、子供さんが生まれてからは
しばらく息子さんたちの写真になった。 
2人の息子さんのどちらを見ても
「あ、ゆうちゃんの子だね」って一目で思うほどよく似ていたね^^
さすがに大きくなってからは、
年賀状のモデルになってくれなくなったんでしょう。
最近はごくふつうの年賀状に1行2行、書き添えてくれている。

阪神大震災の時は 双方の実家を介して連絡をとったよね。
ご家族全員無事で、がんばってるって、返事が来たような。
何かお見舞いを送った気もする^^;

そんなゆうちゃんと、どういういきさつでそうなったか
全然覚えていないけど^^;
社会に出る日が数ヵ月後に迫った大学4年の時に、
中学の担任だった先生のお宅へ ふたりで行ったことがある。

私たちは それぞれ
先生に相談したい、先生の言葉を聴きたい と思うことがあった。
なのに先生のお宅では、ゆうちゃんはちっとも自分の話を始めない。
「間」のあくのが居心地悪くて、私はひととおり自分のことが終わった後も
なんだかそれらしくとり繕いながら、先生に何やら話しかけていた。
先生はきっとそんな私をお見通しだったと思うけど、、
丁寧に私の「どーでもよさげなこと」に応えて下さっていた。

帰り道、私とゆうちゃんは地下街のフルーツパーラーでひと休みした。
私はゆうちゃんに尋ねたよね、
「ゆうちゃんも先生に相談したいことがあったんでしょう?なんで話をしなかったの?」
ゆうちゃんは
「いいんだ。かなたさんと先生が話してるのを聞いたら、僕は話す必要がなくなった。
 わかったからいいんだ。」って。
うー、あんな私の「半分どーでも」悩み事相談聞いて、わかったって、何が~??
「ゆうちゃんの相談って、何だったの?」
訊いてもゆうちゃんは笑うばかりで答えてくれなかった。

今年のゆうちゃんからの年賀状には
 「お袋が 独りで 静岡 にいるので時々、見にいっています。」 と書いてあった。
同じだね、私もおんなじ状況^^ そういう年頃になったんだね。

ゆうちゃんも時々帰省しているのなら、思い切って連絡とって、
また二人で先生に会いに行こうか。
去年久しぶりに先生の個展に出かけたら、お会いできて、先生とても喜んで下さった。
そろそろ、もう会えなくなるかもしれないよ。 
二人で行ったら、いっそう喜んで下さると思う。

私からの年賀状には 「お互い“サバテン”でがんばろ!」って書いたけど、
“サバよみ十歳”なんて意味、解るわけないね^^; 
もしわかったら、ちょっと笑ってくれたかな。

ゆうちゃん、 元気でいて! 
来年もまた、年賀状くださいね。




[2010.02.26(Fri) 01:23] 自分・家族(昔の話)Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← オンマの優しい韓国語 | TOP | Sky!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://sorakana44.blog97.fc2.com/tb.php/4-da6835ee
 ← オンマの優しい韓国語 | TOP | Sky!

プロフィール

カテゴリ

最近のコメント

最近の記事(No.106~)

月別アーカイブ

カレンダー

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

メールフォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム