FC2ブログ
TOP > 夢花
 ← ライフ・ライン| TOP| 花散里

リストマーク 夢花 

2012年06月01日 ()
 
ひとり☆


庭のシャクヤクです。 
毎年見事な大輪を開いてくれるのですが
今年は庭の他の花たち同様、開花が遅く
蕾の数は多くなりました。
一輪の大きさは幾分小振りになったようです。


ひらく☆


この花が咲くと、なぜか 
ああ、もう一年がたったんだなと
気づかされるように 思うのです。
もう一年が  また一年が  と。

あの頃 夢を見ていた。  
あれから 一年たった ・・



次の日4☆



花は違いますが、昔読んだ夏目漱石の「夢十夜」を思い出します。


「百年、私の墓のそばに坐って待っていてください。 きっと逢いに来ますから」
・・・・・・・
自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁(はなびら)に接吻した。
自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、
暁の星がたった一つ瞬いていた。
「百年はもうきていたんだな」 と この時はじめて気がついた。
夏目漱石「夢十夜」より 




今日から水無月。  写真の花は朽ちて散り果てました。
残り最後の二つの蕾が、季節のゆくのを惜しむように
遅れてゆっくりと ひらき始めています。
           




[2012.06.01(Fri) 16:11] 花とTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ライフ・ライン | TOP | 花散里

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://sorakana44.blog97.fc2.com/tb.php/72-fb63df72
 ← ライフ・ライン | TOP | 花散里

プロフィール

カテゴリ

最近のコメント

最近の記事(No.106~)

月別アーカイブ

カレンダー

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

メールフォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム